柔道整復師になるための基礎知識

このコラムでは柔道整復師に関する情報をまとめて紹介しています。
整復師になるための基礎的な知識や仕事の内容、給料についても解説しているので、この仕事に興味を持っている人が参考にできるサイトです。
整復師が過ごす一日の流れについても解説しているので、参考にしてください。

柔道整復師になるための基礎知識と仕事の内容や給料について解説!

柔道整復師になるための基礎知識と仕事の内容や給料について解説! 柔道整復師になるためには、国家資格が必要です。
専門学校や大学などで3年以上必要な知識や技術を学ぶ必要があります。
柔道整復師が担当する仕事として多いのは、患者の外傷の治療です。
柔道整復師の多くが接骨院や整骨院などで働いています。
主に捻挫や打撲などの他、骨折や脱臼をした患者の治療をしています。
一般の外科病院との大きな違いは、外科手術をするのではなく柔道整復師が自分の手を使って骨の治療をすることです。
患者が持っている自然治癒力を引き出せるように治療をしています。
柔道整復師の平均的な年収は300万円から700万円程度で、1か月あたり20万円から30万円台の給料が一般的です。

柔道整復師になるための第一歩は受験資格を満たすこと

柔道整復師になるための第一歩は受験資格を満たすこと 柔道整復師になるには資格試験に合格しなくてはなりません。
しかし、実は受験をするためにも条件があります。
つまり受験資格を満たさなくては合格どころか受験すらできないのです。
国家資格ですから、受験をするにも厳しい条件があります。
柔道整復師になるための試験の受験資格は、大学に入学することができる者で3年以上、文部科学大臣の指定した学校又は都道府県知事の指定した柔道整復養成施設において柔道整復師となるのに必要な知識及び技能を修得したものとなっています。
つまり専門の学校へ通い、3年以上の教育課程を終えないと受験ができません。
途中で退学したり学校の単位が取れていないと、通っていても受験できません。
また、指定された学校でないといけませんので、まずは学校選びが重要になります。
そこでしっかりと勉強して受験資格を取り、初めて柔道整復師になるスタート地点に立つことができます。
ここから合格を勝ち取って現場で腕を磨くことで一人前になれます。

医療系の国家資格取得者として将来性も期待できる柔道整復師という仕事

日常生活やスポーツなどでケガをしたときに行く施設として整骨院や接骨院がありますが、どちらも院内では柔道整復師に施術をしてもらいます。このような治療法は柔道整復術とよばれ、日本に古くからある柔術の活法から派生したものです。
治療の過程は、まず問診や患部の観察によって状態を把握し、業務範囲であれば骨の損傷や関節部分のずれなどを手技によって正常な状態に戻します。その後は運動療法や物理療法も織り交ぜてリハビリテーションを行い、患部に悪影響が出ないように日常生活を送るうえでの適切なアドバイスを患者に与えます。柔道整復師になるには国家試験に合格する必要がありますが、その受験資格を得るためには専門学校などの養成施設に3年以上通うことが必須です。働きながら自分のペースで学習できる通信講座での資格取得は、今のところは認められていません。しかし福祉施設などでも今後の活躍が期待されている仕事であるため、これからの高齢化社会にはますます需要が高くなる職業だといえるでしょう。

将来的に柔道整復師の資格をとって学びを得る

スポーツのケガからの復帰や日常生活で起こる体調不良など、柔道整復師の資格をもっていると治療をすることができます。資格を取得するには、3年間専門学校で勉強をして日々の学びに活かすことです。
まず学校で勉強するのは筋肉の知識になり、専門的な筋肉の作用や役割を覚えることもやりますし、骨の位置を知ることで人体構造を理解していきます。特に筋肉には毛細血管と連携をして人体に血流を流してくれる作用があり、足先にはミルキングアクションという作用で心臓に血液を戻す作用で健康が作られています。
また柔道整復師の資格を取得してから、整骨院で働くケースもあれば医療機関で働くこともできるケースもあります。これは病院やクリニックなどですが、より専門的な学びを得ることができるので、スキルアップをするにも最適な仕事場です。仕事としてのやりがいを感じることができて、人から感謝されるので資格をとって医療機関で働く人は少なくありません。

柔道整復師の扱う治療にはどのようなものがあるか

柔道整復師は医師に似た性質を持つ国家資格で、取得すると骨や筋肉などの傷病にかかる治療行為に従事することができます。ただ、言うまでもないことですが投薬や外科手術といったいわゆる医療行為は、医師免許を有する者しか行うことができません。柔道整復師は、柔道制服術と呼ばれる独自の技術を駆使することで傷病を治癒へと導きます。
それでは、柔道整復師が行う具体的な治療行為はどのようなものかというと、基本的には整復と固定の2種類です。このうち整復は、元の状態へ整えることを言います。脱臼であれば外れてしまった関節を入れ直す、骨折ならば折れ曲がった骨をまっすぐに整える、などの行為がこれに当たります。
次の固定は、整復した個所をギプスや包帯などで固定し、動かないようにすることです。固定したまま安静に保つことにより、折れた骨が再びくっついたり、筋肉の炎症が収まったりといった具合に自然治癒力が発揮されるのを促します。
その他、回復を促進するための施術も補助的に行われます。患部のマッサージや温熱療法の実施などがこれに該当します。

柔道整復師のやりがいにはスキルアップがあります

人体の筋肉組織から生理的反応まで専門的に勉強をする柔道整復師ですが、やりがいのある仕事として人気があります。スポーツのケガには捻挫や打撲、骨折などがあり、通年で悩まされることの多い腰痛や肩こりも診ていくことができる仕事です。
自分で資格を取得して開業をすることもできますが、しっかりと下積みをしてスキルアップしてからがベストといえます。なかには医療施設の柔道整復師として働く人もいるのですが、より医療の専門知識を得ることができるので将来的にはプラスになる人も多くいます。
病院などで働く際には、通常業務の他にもモチベーションを高めるための研修会などがありますし、知識を広めることで仕事に繋がってきます。特に医療現場では臨機応変に対応をしなくてはいけないので、症状に応じた処置には経験が必要です。そうなると将来的なスキルアップができることから、仕事にやりがいを感じるようになることや、気持ちに余裕ができてきます。

柔道整復師が自ら開業する時は実務経験が必要

柔道整復師は骨折や捻挫など、主として骨・関節・筋肉などにかかる傷病の治療を行う専門職で、医師に似た位置づけを有しています。国家資格を取得しないと業務に携わることができない点、資格を取得すれば自ら施療施設を開業できる点も医師に似ていると言えます。
ただ、資格を取れば即座に開業できるわけではないのも医師と同様なので、将来の目標とするのであれば注意が必要です。国の定めるところによれば、平成30年4月以降に開業して公的な医療保険の取り扱いを行おうとする場合は、一定の実務経験が必要とされています。具体的な期間は、平成30年4月から令和4年3月までであれば1年間、令和4年4月から令和6年3月までであれば2年間、令和6年4月以降なら3年間となります。
それでは、どのような場所で経験を積めば良いかというと、これは他の柔道整復師がすでに開業している施療施設、具体的には整骨院や接骨院などと呼ばれている施設に勤務するという形が一般的です。

柔道整復師について

柔道整復師 専門学校

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>