柔道整復師になるための基礎知識

柔道整復師の平均年収について詳しく知りたい

柔道整復師の平均年収について詳しく知りたい 柔道整復師とは、昔の「骨つぎ」や「接骨師」で、手術をせずに外傷性の骨折や脱臼などに対する施術を行う人のことです。
骨や関節、筋や靭帯などに関わる外傷で損傷した部位を、整復や固定などで施術します。
人間のもつ治癒能力を最大限に発揮させるもので、専門の養成学校や指定の四年制大学で解剖学や運動学、病理学などを学ぶ必要があります。
さらに国家資格を受けて合格し、厚生労働大臣免許をとることになるのです。
接骨院や整骨院を開業することもできますが、病院などで働く人もいます。
整体師やカイロプラクティック師は非国家資格なので、似たような業種ではありますが、資格の有無という違いは大きいものです。
柔道整復師の平均年収は約364万円というデータがあり、月収換算で30万円ほどです。
アルバイトやパートなどの場合は平均時給が1087円、派遣社員の平均時給は1500円です。
全体の幅としては295万円~715万円というデータがあり、勤務先や能力によっても違いが出てきます。

柔道整復師の独立について

柔道整復師の独立について 柔道整復師の独立について簡単に説明します。
柔道整復師として独立するには、保険請求対象となる接骨院や整骨院といった治療院、自由診療となるマッサージをするサロンを開業するという方法があります。
開業には一定の実務経験や研修受講が必要なので、実務経験を積みながら資金を貯めていくのが効率的です。
構造設備基準を満たした店舗を準備したら次の書類を準備します。
施術所開設届、柔道整復師免許(原本と写し)、施術所の平面図、最寄り駅からの案内地図、法人の場合は定款の写しと登記簿謄本を用意します。
賃貸であれば賃貸契約書も準備しておきます。
保険請求を行うために必要な申請や、雇用する場合には必要な届出もあります。
利用者は年配の方が多く、高齢化社会が進んでいるので宣伝の仕方次第で新規顧客を獲得することが可能です。
近隣住宅へチラシを投函したり地域行事に積極的に参加するなど、地域に根付いた営業活動が効果的になります。